スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森と水とロマンの鉄道 SLばんえつ物語 新緑編 その八

本日もSLばんえつ物語号はお休みで、例のごとくロケハンに行くことに致しました。

鳥屋山のなんたらと聞いていましたので、一度調べることに!!

それで、鳥屋山に正直、ちゃんとした登山道が有るのは、知りませんでした。

私自身が下調べしていかなかったのは、いけませんでしたが、

と言うのは、いつものように地図上の尾根道を確認して、それで西会津町と高郷村の境に車を止め、

その上の薮を掻き分けて尾根道を登ってしまいました。登ること15分、第一見張り台に到着、

「なんや、ちゃんとした登山道があるやん!!」、「最初から教えて~なぁ!!」てな具合でした。



1_201405200804452a9.jpg

頂上までの時間も看板に書いてありました。


2_2014052008044479f.jpg


第一見張り台からは、尾登方面が見えないかと良く目をこらしましたが、

阿賀野川釜の脇Bの先がちょろっと見えるだけで、私は尾登の集落は見えませんでした。



3_20140520080443f00.jpg


すこし移動すると、開けた登山道に出、すこしですが、尾登の集落と滝下利田の集落が俯瞰することが出来ます。






5_201405200804422cf.jpg



6_20140520080441470.jpg


もう少し山頂側に移動すると今度は、山都方面を小さくて豆粒俯瞰ですが見る事が出来ます。

ただ肉眼ですと分かりずらく、真ん中の緑の道路橋ですが、山都に抜ける川井橋の右方向が

山都の一ノ戸橋梁になります。



7_20140520080413087.jpg



第二見晴台付近から、大パノラマで喜多方、会津若松方面を望むことも出来ますが、線路は遠くなるばかりで

サッパリ分かりませんでした。


8_20140520080413509.jpg


霞が掛かっていましたので、会津磐梯山をうっすらとしか見えませんでしたが、

綺麗に見えるときは最高の眺望が拝めると思います。



9_20140520080412cce.jpg



しかし登山道を外れると例によって、熊の異物ばかりで、何時、「こんにちわ!!」と挨拶に訪れても

おかしく有りませんので、くれぐれも登山道を外れないようにしたいものです???
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

520俯瞰再度ロケハンですね。

お疲れ様でした。事前の下調べ通りスーパー520俯瞰できて嬉しかったです。
自宅で調べている時、第一見晴台は見える事、わかっておりましたが、ここのポイントは半信半疑でした。結果、第一より眺めが良いので安心し、次回、秋の紅葉の時、超望遠と三脚持参して、磐梯山側と山都の一の戸橋梁がどのくらい見えるか確かめたいと思います。
それと、俯瞰人さんが行かれた第2辺りも、もう少し散策してスーパーに恥じない場所を見つけたいと思います。

それと、例のドクロ付近も再度挑戦したいですね。

宜しくお願い致します。

No title

俯瞰の修行僧さん、ドクロの辺りも再度下調べをしておきます。

あの位置ですと尾登が綺麗に見えるはずですので??

まだまだ有る門デフ??

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

俯瞰人

Author:俯瞰人
蒸気機関車の爆煙を求めて、各地に出没しています。\(^v^)/
最近は、非煙もたまに、ありますが!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。