スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

繖山縦断、其の2、観音正寺編

DSC_0100のコピー


繖山山頂手前の東海道本線側は、比較的日が当たりますので紅葉も少し色づいておりました。




DSC_0181のコピー




繖山山頂からすぐに、地獄越えの縦断コースと交わる三又の道に出、

その道を更に奥に行くとこのように、初めてここに来る私にとって分かりにくい標識に出くわし、

左右どっちに進めば良いのやら?取りあえず左の道に進みました。後で分かったことですが、

どちらの道も観音正寺に行けるのですが、左の道が佐々木城跡を経て観音正寺、

右の道が観音寺城本丸跡を経て観音正寺でした。全く描いてある通りでした。

私はてっきり観音寺城イコール佐々木城と思っておりましたので別々であることが勉強不足でした。




DSC_0195のコピー


佐佐木城跡には石垣の一部と大きな石碑は建ててありました。



DSC_0206のコピー



前々から一度は来てみたいと思っておりました、観音正寺です。入り口に仁王像がこちらを睨んでおりました。



DSC_0222のコピー


観音正寺は天台宗系のお寺で、西国三十三所第32番札所になっておりますので、

年間を通じて参拝客や登山者が訪れて賑わっていました。



DSC_0227のコピー



本堂は平成5年の失火により焼失し、現在の本堂は新しく平成16年に再建されて、

ヒノキの香りと白檀のお香の香りが入り混じり、心地よい気持ちにさせてくれました。



DSC_0235のコピー



本堂右側の山側は石積みになっており真ん中辺りに観音様、その下に縁結地蔵尊が祭られて降りました。



DSC_0239のコピー



このお寺に来た本来の目的は、観音正寺から俯瞰する東海道新幹線で、

この日は、午前中は曇ったり雨が降ったりの天気で昼からは快晴に成りましたが、

生憎天気が良くなると新幹線側は完全な逆光で綺麗に俯瞰出来ませんでした。


DSC_0261のコピー



本堂からで真ん中に写っている白い針みたいなのが新幹線です。見難いですが!!



DSC_0270のコピー



遠くを望遠で見ると、多少新幹線が分かります。



DSC_0275のコピー



境内を後にし、観音寺城本丸跡側を通って先ほどの三又地点に向かいます。



DSC_0278のコピー



観音正寺の裏手のこの石の階段が結構きついものが有りました。



DSC_0291のコピー



繖山山頂付近まで戻りこれから、繖山の縦断の為の地獄越に向かいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俯瞰人

Author:俯瞰人
蒸気機関車の爆煙を求めて、各地に出没しています。\(^v^)/
最近は、非煙もたまに、ありますが!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。