FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年真夏のSL北びわこ号、其の1

今年の夏は本当に暑い!!

ほんの少しの山に登るだけで相当量の汗を掻く為、持って行く水も半端な量では無く

熱中症予防に常時3リットル位リックに詰め込まなければ行けない。それだけでも

3キロの重量が肩に掛かるので今年の俯瞰撮影は大変でした。

おまけに霞がよく出ていて中々遠くまで見通せない日が続いていました。


1_20130901142845ca4.jpg


繖山中段より俯瞰、

安土の町並みから近江八幡方面を望むがガスの為、琵琶湖が全然分かりません。



2_201309011428451ba.jpg



この繖山は観音寺山とも呼ばれ、織田信長の築城した安土城の安土山とは峰続きです。




3_201309011428440b2.jpg


この観音寺山にも信長の生きた時代には観音寺城と言うお城が有り、

中断の撮影ポイントは恐らく推測ですが、城の城郭を守っていた石垣跡の数々の石の上から

ちょうど綺麗に見渡せるようになっております。



4_201309011428432e9.jpg



画像右中上の山が安土山です。

その山頂付近に安土城があったと思われますが、もし現在でも実在していたら

下部八画堂の上に聳え立つ独創的な意匠で豪華絢爛な天主をこの観音寺山から望めたと思います。

ほんまに安土城を焼いたのは誰じゃい??

山崎の戦いで敗れた敗走著しい明智光秀の重臣明智秀満か?、はたまた

その後、安土城に入った織田信長の次男、織田信雄か?

そういえばこの秋、NHKのタイムスクープハンターのと言う番組の劇場版が映画で

公開されますな!!安土城焼失のなぞを追え!タイムスクープハンター安土城最後の一日でしたっけ??

見に行きたい気がします。



5_20130901142842848.jpg


右側を望めば能登川方面も見渡す事も出来ます。



6_2013090114283932d.jpg


安土城考古博物館



7_20130901142741e65.jpg



本日の撮影のメインはこのC56160号の回送に有りますが、

音も無く近江八幡方面からやって来ますので、なんか黒いのがくっ付いているなぁ?と

言うだけの余りカッコイイ画像では有りません、正直!!



8_20130901142740495.jpg



能登川、彦根そして米原駅に向かいます。



9_201309011427399d6.jpg



やっぱり、貨物の方がええなぁ??



10_201309011427397bb.jpg


ほんまは、綺麗に琵琶湖が見えるのですが、夏は霞が多くてあかんだぎゃあ!!



11_2013090114273869c.jpg


9241レ

ダイヤ改正後はC56160号の回送が以前より40分ほど遅くなり、

安土辺りで8時30分位の通過して行きますので、観音寺山中段辺りに

登っていると下山して県道そして琵琶湖周回道路を走っても、

姉川辺りが一号に間に合うぎりぎりでは有りませんが、

時間に余り余裕が無いのが今回良く分かりました。



12_201309011427313ce.jpg



9241レ

同じ姉川ですが、ワイヤレスリモコンを使用して15メートルほど離れた場所に

ニコンでぇ7100を設置致しました。


13_20130901142649288.jpg


この日も余り暑かった為、三号は日陰の有る北陸自動車道のガード下に移動。

いつもは涼しいガード下で撮影しますが、今回は少し線路に近い所から川のせせらぎを少し入れて

暑かったですが我慢して撮影に望みました。



14_201309011426489db.jpg


9243レ

まったく煙は無く、スカスカのSLスカびわこ号でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

俯瞰人

Author:俯瞰人
蒸気機関車の爆煙を求めて、各地に出没しています。\(^v^)/
最近は、非煙もたまに、ありますが!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。