スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すっかり雪景色の冬のSL北びわこ号二日目、送り込み能登川水車編

琵琶湖の名刹、木下藤吉郎こと豊臣秀吉が築城で有名な、

長浜城もすっぽり雪で覆われ、独特の風情を醸し出しております。


DSC_0755のコピー


前日の寒波で、日本海側は大雪の予報が出ていたので、

国交省の滋賀県ライブカメラで木之本辺りの積雪の状態を確認し、床についたのですが、

なんか目が冴えちゃって寝られへん(/ω\)、てな具合でウトウトとしておりました所へ、

お友達のDEさんに、「雪、降ってまっせ!!気をつけて来てください!」と

丁度暖かくなった布団の中からメールを入れた所、

なんと夜中の2時前ですが、雪の沢山降る中、もうDEさんは、自宅を出発しており、

「雪で車の前が見えんガヤ!!」と言いながら「早く来なはれ!!」と

お誘いの返事が帰ってきました。Σ(゚д゚lll)

午前3時、準備を整え自宅を出発し、養老経由でDEさんの待つ御用達の能登川水車に向かう事に、

途中、岐阜県海津市辺りから、粉雪が舞っていて、養老町に差し掛かったところ、

本当に雪で車の前が全く見えなくなるほどで、スピードを控えノロノロと車を走らせ、彦根に向かいました。

米原市辺りから降雪も少なくなり、無事、能登川水車に到着、送り込みのEFとC56160号を待つことに



DSC_0751のコピー


DSC03380のコピー

こんなに雪が降るとひょっとしてウヤかなぁと、頭を過ぎりましたが、(/ω\)

普通も新快速も無事通過で一安心!!


DSC03404のコピー


いつもこの場所にはFEとC56は、音もなくやって来るため、レリーズを握ったままの緊張感がたまりません(#^.^#)

DEさん言わく「来年の年賀状、出来たがや!!」(_´Д`)~~デキタデキタ~
スポンサーサイト

SL北びわこ号初日3号

初日の昼食は、マクドナルド高月店でお鉄な人たちと楽しく過ごさせて頂き(^ε^)-☆!!

たまには、定番の河毛高速道路下付近でごくありふれたC56を撮らせて頂きました。


ABC_0059のコピー
一台目のニコンD2Xです。高速道路高架から煙が、モワァッ!!とした感じを想像していましたが、

現実にはうまくいかないものです。(/ω\)


DSC_0063のコピー

普段は、2台のニコンD2Xを常用しておりますが、これが2台目のニコンで、設定はちなみにごく普通のノーマル設定です。

一寸、黄色っぽいといえばそうでしょうが、稲の枯れた感じが良いかなぁと思ってます。


DSC03374のコピー

そして、これがミノルタじゃない、今のSONYのα700です。これもごく普通のノーマル設定です。

αのほうが、自然な感じがしますが、測光する場所によって違いが出るのでしょうか?

好きずきですね~。

冬のSL北びわこ号初日1号

DSC03330のコピー

雪山から天候不順の為、やむなく下山して来て、一気に気力が薄れてしまい、

T人さんMさんと「どうしようどうしよう1号」と言っている間に

時間が来てしまい、T人さんMさんと別れて、とりあえず駐車出来る所で、

とゆうことでなんかしょうも無い所に出てしまいました。

SL北びわこ号、己高山からの俯瞰のつもりが?

前日からの天気をウエザーニュースで、

そして現地の映像を滋賀県のライブカメラで国交省から確認し、

今回登る予定の己高山の大体の地図を国地院から印刷して

久しぶりの雪中行軍に望む為、装備をリックに詰めて準備万端で現地に向かう事に致しました。

途中、河毛フェンスに寄りお師匠様にご挨拶を済ませ、石道寺の駐車スペースに車を停め、登山道へ



DSC03275のコピー


思ったほど積雪が無く安心をしましたが、天気が時折、

雪混じりの細かい雨が、降っていた為心配で、予報では晴れのはずでしたが゚(゚´Д`゚)゚


DSC03277のコピー

石道寺の裏手に登山道が有り、一応お参りを済ませ登る事に


DSC03283のコピー

積雪も7cm程度なので心配有りませんでしたが、

落ち葉の上の雪は大変滑りやすい為、念の為に滑り止めのアイゼンを靴に

装備して、真新しい猪の足跡と共に登り始めました。


DSC03284のコピー


途中15分位の所で少し開けた場所に着き、高月、木之本辺りを振り返りましたが、

「う~ん、琵琶湖が見えん??」( >Д<;)ザンネン

真ん中の小さな煙は、高月の日本電気硝子の二本の赤白の煙突の煙です。


DSC03286のコピー

対岸の山本山も少し霞んで見え、琵琶湖も全く見えず、暫く登るのを止め、

日本海側の雲の様子を観察していましたが、後から後から薄暗い雲が、

流れて来た為これ以上、上からの俯瞰撮影は、視界の未透視が立たないため、

ここで断念致しました。俯瞰撮影は、一種の博打で、切り上げるなら早いほうが良い為、

鉄人さんと相談しましたが、己高山からの俯瞰は、次回とゆうことで下山いたしました。

息子とツーリングで明知鉄道へ

20060123_184820406のコピー

中央西線 落合川橋梁 落合瀬戸地区より落合取水場をのぞむ   (T.M氏撮影)




20060126_1946526487のコピー


旧国鉄明知線 C1242号 阿木~飯羽間駅間  昭和48年5月            (T.M氏撮影)



大学受験を控えた息子と息抜きにと、久しぶりにバイクで当てもないツーリングに出かけ、
やってきたのが旧国鉄明知線で今の明知鉄道です。
全長25Kmでなだらかな丘陵地を、鉄道模型さながらの車両が、行き来しておりました。
終点の明智駅には、大正ロマンの雰囲気たっぷりの日本大正村が有ります。


明知鉄道 1

バイクの向こうの畑が、恵那市山岡町特産の寒天畑で、
晴郎にして降雪が少なく、しかも乾燥が著しいこの立地条件の整った山岡町で、盛んに寒天が作られています。




明知鉄道 2

息子は高校生だが、わてのバイクを含めて生意気に3台所有している。



明知鉄道 5

実際に使用されているのか分りませんが、腕木式信号機が、今も残っています。



明知鉄道 3




明知鉄道 4



明知鉄道 6



明知鉄道 7
プロフィール

俯瞰人

Author:俯瞰人
蒸気機関車の爆煙を求めて、各地に出没しています。\(^v^)/
最近は、非煙もたまに、ありますが!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。