スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西本線非電化区加太俯瞰経塚山に登ったよ!!

前々から関西本線の非電化区加太築堤の見える俯瞰場所で、下から見て山の頂上が櫛のように透けて

見える小高い山が有り、あそこの櫛が透けて見える所に登れば加太の築堤が見えるはずと気になって

おりましたが、少し時間が空いたので挑戦することに致しました。

山の名前がはっきりと分から無かったですが、登山道途中に電力会社の矢印案内が書いてあり、

そこに「経塚山」と明記して有りましたので一応、経塚山と呼ぶことに致しました。



a.jpg



下から見ると山頂手前が櫛が透けて見える場所が有り、それを見るとどうしても上から俯瞰すると綺麗に

加太界隈が、見えるんだろうと勝手に想像してしまい、その事が後々になっても思い出され、一度は

挑戦して見ようかなと今回、実行に移すことにいたしました。



b.jpg


尾根に出るまで前回の台風の影響で登山道が寸断されていましたが、なんとなく寸断されている登山道を探し出し

尾根道にたどり着きました。尾根道はかなり急勾配で桃色テープを頼りに木につかまりながらの強行軍でした。



c.jpg


ようやく急勾配を登りきり山頂付近にたどり着きましたが、下から櫛に見えた場所からは開けた所は無く倒木

が櫛のように倒立しており、思ったように加太界隈を俯瞰する事が中々見つけられませんでした。



d.jpg


雑草の生い茂った辺りを相当探しましたがあの下から見た櫛のようになっている場所は諦めて、

少し下がったところに柘植や伊賀地方を見渡せる場所からの無理無理の撮影と成りました。



e.jpg



f.jpg


本当はもっと時間を掛けて探せば加太界隈が見渡せると思いますが、なんせこの時期は雑草がすさまじく

生い茂っており、掻き分け掻き分け探すとなると体中が後から痒くなってしまいますので

今回はこれ以上の散策は断念致しました。
スポンサーサイト

関西本線加太駅界隈NO.2

梅雨の晴れ間、加太駅を俯瞰できる山に登ってみました。



1_20130707070543.jpg



2_20130707070542.jpg



3_20130707070542.jpg



4_20130707070541.jpg



5_20130707070540.jpg



6_20130707070540.jpg



7_20130707070456.jpg



7_20130707070456.jpg



8.jpg



9.jpg



10.jpg



11.jpg



12.jpg



暑かった!!(/ω\)

関西本線加太界隈から

DSC06819 - コピーのコピー


大和街道架道橋より



DSC_0002のコピー


加太大築堤を下るDC



DSC_0016のコピー



一気に加太駅に下っていきます



DSC_0021のコピー



DSC_0023のコピー



DSC_0029のコピー



DSC_0034のコピー


加太大築堤を駆け上がるDC



DSC_0046のコピー



DSC_0055のコピー



DSC_0065のコピー


坊谷橋梁


DSC_0074のコピー


配給 凸


草津線&関西本線非電化区

DSC_0004のコピー


草津線 三雲~貴生川駅間

DSC_0016のコピー


草津線 抹茶色の113系


DSC_0022のコピー


草津線 貴生川~三雲駅間


DSC_0053のコピー


草津線 DD51単機


DSC_0064のコピー


関西本線非電化区 関~加太駅間



DSC_0069のコピー


関西本線非電化区 柘植~加太駅間


DSC_0077のコピー


関西本線非電化区 加太~関駅間

亀山加太の霊峰、錫杖ヶ岳からの加太界隈豆粒俯瞰

錫杖ヶ岳からの俯瞰20121208 (4)


前から、関西本すぇん加太界隈を俯瞰出来る山、
錫杖ヶ岳に一度は、挑戦してみたかったので、
朝7時に名古屋を出発、東名阪国道にて大阪方面に、
途中、高速3車線化工事の為12Kmの渋滞に見舞われましたが、
無事加太向井ICを下車登山口に到着致しました。   ( Θ_Θ)ナンデモ挑戦チョウセンーン//

錫杖ヶ岳からの俯瞰20121208 (1)
(20121208)錫杖ヶ岳加太向井登山口



錫杖ヶ岳の名は、山容が修験者の持つ錫杖に似ていることから又、
地元では登山道から見上げた山頂の姿が、
雀の頭に似ている事から雀頭(シャクドウ)とも呼ばれているそうです。 ( ̄^ ̄)ゞ
又、古くから、錫杖ヶ岳は、雨乞いの山としても知られ、低山ながら山頂は360度の眺望に恵まれ
素晴らし景色を求めて、多くの登山客に人気の山だそうです。 (o・c・o)/~



錫杖ヶ岳からの俯瞰20121208 (2)
(20121208)このように合目ごと200m間隔に標識有り



事前に亀山市のホームページで錫杖ヶ岳の事を調べたのですが、
其れに寄りますと標高676mで、
登山に掛かる所要時間が、登山口から登り2時間、下り1時間40分と有り、
歩行距離が約2Kmで、合目200mごとに標識が有るそうです。



登り口から約1Kmまでは、なだらかな登山道で、
スチール板で出来た橋や、木橋できちんと整備がなされている為、歩きやすく、
時計を見て時間を確かめた所、なんと30分掛かっていない!!
ええーッ(゚д゚lll) もう半分来たのぉ!!
ほんまに、山頂まで2時間かい??と思わずにいられませんでした。 (°д°)

しかし案山子、5合目1Kmを過ぎた辺りから、少し勾配のきつい登山道が有り
年配の登山者は、途中、幾度となく休憩をしておられました。
又、残り200mを切る9合目に差し掛かる頃から、鉄鎖や玉の有るロープなどを
伝わないと一寸危険な場所も有りましたが、無事山頂に登りきりました。



錫杖ヶ岳からの俯瞰20121208 (3)
(20121208)9合目辺りから鉄鎖やロープ有り




登山口からの所要時間1時間5分(65分)で登頂、思ったより登るのが、簡単で、
15Kgぐらいの機材を背負っていましたが、途中休憩を挟んで水分を補給する訳でもなく、
超が3つ、つくほど楽で、難易度2か3のお手軽な山でした。道の無い藪を駆け上がる
山口のスーパーお買い物、白井のZやUまたは、ロウソク岩に比べれば、
屁の河童とゆうことでしょうか?? ( ゜Θ゜) < 
ですが、山頂からの眺望は、素晴らしく、
暇つぶしに来るには持ってこいの山でゴゼイました。\(◎o◎)/!



錫杖ヶ岳からの俯瞰20121208 (7)
(20121208)四日市方面、今日は霞んでいますが、遠くは伊勢湾が望めます。



錫杖ヶ岳からの俯瞰20121208 (5)
(20121208)加太界隈で、大築堤方面


錫杖ヶ岳からの俯瞰20121208 (6)
(20121208)東側の眼下には、錫杖湖、その向こうは逆光で見にくいですが伊勢平野が、広がっています。


あっそうそう、わては登山に来た訳では無く、
関西本すぇん線の撮影に来たのを忘れておりました。|゚Д゚)))
当初、余りにも豆粒で加太の駅が全然分からず、
又、スマホの電波が、思うように届かず、探すに探せない状態でしたが、
何とか加太駅の跨線橋を発見し、やがて加太の大築堤に伸びる直線、
または、関駅となんとなく伸びる線路を追いながら15分位で掛かってしまいました。(||´Д`)o



錫杖ヶ岳俯瞰 (1)のコピー
(20121208)加太大築堤を加太駅方面に降りてきた上りのキハ120系



錫杖ヶ岳俯瞰 (2)のコピー
(20121208)同じく加太中在家の直線



錫杖ヶ岳俯瞰 (3)のコピー
(20121208)加太板屋のカーブ



錫杖ヶ岳俯瞰 (4)のコピー
(20121208)加太駅手前



錫杖ヶ岳俯瞰 (8)のコピー
(20121208)加太駅の跨線橋と加太駅を出発したキハ120系、関電の高圧線が、沢山掛かっている為に見にくいでゲス。



錫杖ヶ岳俯瞰 (5)のコピー
(20121208)関駅の手前のカーブ(木崎)で、関駅に向かって来る下りのキハ



錫杖ヶ岳俯瞰 (6)のコピー
(20121208)関町新所の小さなガーター橋



錫杖ヶ岳俯瞰 (7)のコピー
(20121208)関町金場踏切



DSC02710のコピー
プロフィール

俯瞰人

Author:俯瞰人
蒸気機関車の爆煙を求めて、各地に出没しています。\(^v^)/
最近は、非煙もたまに、ありますが!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。