スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SL只見線紅葉号二日目

二日目はMちゃんが試運転の時に確認して頂いた、紅葉の具合が一番色づいているであろう第4橋梁付近に

向かうことにしました。駐車スペースにはさらに7・8台の先着が有り人気の高さがうかがわせました。



1のコピー



会津水沼駅停車のDCです。



2のコピー



3のコピー



4のコピー


SLが通過する頃には対岸の山に日が差して綺麗な紅葉が望めました。



5のコピー



6のコピー



7のコピー



8のコピー



返しも紅葉の具合が良かったので、同じ第4橋梁の少し場所をずらした所に陣取りました。

しかし線路は下って来る為、煙は全くと言って良いほど有りませんでした。



9のコピー



10のコピー



11のコピー


無事SL只見線紅葉号の日程は終了しましたので、明日から祭日の最終日と言うことで

磐越西線の荻野駅手前のトンネル付近に移動致しました。



12のコピー



只見第4橋梁駐車スペースに放置してあった車両ですが、

昔は馬で引いて藁や木材を積んで使用していたのだなぁと思い、思わずカメラを向けてしまいました。

スポンサーサイト

SL只見線紅葉号本運転初日

只見線の撮影は昨年の10月末以来一年ぶりで、先に先着し試運転から撮影をしているMちゃんから

郷戸滝谷間のS字がすごい煙で上がって来ますよとの報告を受け現地に向かうことに致しました。

当日は東京在住のIさん、Jさんらが先着し駐車スペースを確保頂き、

大変楽しい雰囲気で撮影することが出来ました。




1のコピー



郷戸~滝谷駅間



2のコピー



朝一番は曇っておりましたが次第に快晴になり、丁度S字の出口辺りに影が出来てしまい、

影の部分ではヘッドマークが分かりましたが、影の部分を抜けるとヘッドマークに日が当たってしまい

ヘッドマークが光って文字が飛んでしまいました。



3のコピー



ヘッドマークに何が描いてあるのか全く分かりませんです。



4のコピー



返しは前日に試運転の時に良い煙が出てましたよと、関西在住のMuさんからの情報で

柳津の町の中にある橋梁から狙う事にいたしました。



5のコピー


光もサイドからの照りでしたし、左の桜の木が少し邪魔で難しいロケイションでしたが



6のコピー



この時点で初めてヘツドマークの模様が分かりました。



DSC_0057のコピー


柳津を後に裏道を抜けて蓋沼森林公園に向かいました。

C11が通過する15分前の到着でしたので三脚を設置することが出来ず、脚立に乗っての手持ち撮影で

多少の手振れ有り!!



DSC_0064のコピー


この時期は太陽が山に掛かるギリギリの時間で分を追うごとに田んぼに影が出来ていきました。



DSC_0082のコピー



会津若松方面が夕日で輝いていました。




1383353828306のコピー



実は、この古屋敷の撮影地の直ぐ5Mほど奥に入った場所には、夥しいほどの熊の糞らしき物が有り、

民家の直ぐ近くまで餌を漁りに来ているなぁと思うとあまりいい気分では有りませんでした。



1383353874506のコピー



猿の糞にしては大きく広範囲にしてあるし、おびただしいほどの柿の種が混じっておりましたので

又、猪では木に登ることが出来ませんので木登りの上手な熊であると言うことだそうです。

撮影地のすぐ近くだったんで怖いような気がしました。

錦秋のSL只見線奥会津号

ABC_0124のコピー



只見線 (2)



只見線 (4)



只見線 (1)



只見線 (3)



DSC00420のコピー


只見線の現在状況

昨年7月29日、新潟及び福島地方豪雨で只見川が氾濫し、
流域に甚大な被害が発生して1年が経ちました。


只見川滝ダム建設当時よりのダム上流に堆積した土砂が、
ダム貯水量を減少させ、通常より水位が上昇した為、
只見川の水が決壊し、被害が拡大した可能性があることが最近言われています。


又、氾濫は滝ダムの急な放水が、原因と訴える被害者側と、
因果関係を否定するダム設置者の、両者での対立は今も深まっています。


只見川に架かる橋梁の被害状況ですが、
国道252号線の道路橋、そしてJR只見線の只見川第5橋梁、第6橋梁、第7橋梁は倒壊していました。
第8橋梁は無事でしたが、会津大塩側の線路が川に向かって陥没していました。


道路橋は現在は復旧していましたが、5、6、7の橋梁はそのままで、今も復旧の目処がたっていません。
そこで、今年5月1日ゴールデンウィーク中のSLばんえつ物語号の走らない日に、様子を見に行って来ました。


5月1日只見線現在状況 (2)
(2012.5.1) 只見川5橋梁です。右の部分が倒壊しています。


5月1日只見線現在状況 (3)t
(2012.5.1) 只見川第6橋梁です。橋梁のほぼ全体が倒壊しています。
トンネル側の線路は、飴のように曲がり、川の中に落ち込んでいます。


5月1日只見線現在状況 (5)
(2012.5.1) 第6橋梁近くの本名ダムですが、地元の人に聞いたところ、
開閉口が、壊れているみたいで、締まらずに絶えず水を放水していました。


5月1日只見線現在状況 (6)
(2012.5.1) 滝ダムに一番近かった第7橋梁です。橋梁自体跡形もなく倒壊していて、
やはり線路が、飴のように曲がり川の中に落ち込んでいたのが印象に残ります。


5月1日只見線現在状況 (7)
(2012.5.1) 写真左側には、第8橋梁がありますが、橋梁自体は無事でした。
ただ、会津大塩側の川に並走している線路が、陥没していました。


5月1日只見線現在状況 (8)
(2012.5.1) 災害時停車中であったDC車両が、叶津橋梁只見駅側のスノーシェッドの中に保管してあり、
寂しさを感じさせます。


5月1日只見線現在状況 (1)
(2012.5.1) 只見川第1橋梁、第2、第3、第4橋梁は無事でしたが、
川の中、土砂が大幅に削り取られ、河川の色は、今でも、茶色く濁っていました。
しかし、第1橋梁を俯瞰する有名な鉄塔ポイントは、綺麗に整備され、お立ち台が作ってありました。






プロフィール

俯瞰人

Author:俯瞰人
蒸気機関車の爆煙を求めて、各地に出没しています。\(^v^)/
最近は、非煙もたまに、ありますが!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。